2006年08月31日

対丈で着る

tsuitake02.jpgどなたに頂いたかもうわからない夏の着物を着ました。とても小さい方が誂えた着物のようで、身丈も裄も短いので、おはしょり無しの対丈で着てみました。

おはしょりがないと、どうも下腹ポコンが目立つようで気になります。でも、対丈で着ると着付けが楽チン。自分サイズになっていないとみっともないのかもしれませんが、普段着物で家事などするときにはとても良さそう。そういえば着物に関する古い書籍の中のエッセイに「対丈に筒袖にしておけば、家事でも何でも動きやすい」とあった気がします。

対丈ならば、角帯など貝の口に締めて男前に着ても面白いかもしれません。お外には出られないかもしれませんが、お家の中で楽しむ分にはよさそう。今度挑戦してみよう。そういえば水前寺清子さんの着付けは男性仕様ですよね。

それにしても、袖口から襦袢がはみ出ていてだらしない限り。原因は前日の準備を怠ったため。部屋に出ているものを合わせもせずに、エイヤっと着てしまったから。何事も仕込みの仕方で完成度が変わりますな。画像を見て反省しきりです。

明日から九月ですね。残暑は厳しいのですが、着物は夏のものから秋へと変化。明日からは厚ぼったくない単衣を着たほうが良いと、着物有識者からのアドバイス有り。大好きな単衣の季節に突入ですが、早く涼しくなってくれれば良いのですが・・・。

耳を澄ませば、お庭から虫の声が聞こえてきます。
着物が楽しい涼しい秋はもう直ぐですね。
posted by たん at 20:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

言葉で誂える

八月は家の改装をしていて毎日汗だくで肉体労働をしているので、着物に袖を通すのは週に一度、体力消耗でブログを書くエネルギーのない毎日を送りました。でも、やはり着物が大好きなので着物アンテナは健在なようです。

お昼ご飯の後、姉の家においてある雑誌をパラパラ眺めて目に付いた記事です。初代ドラえもんとしておなじみの大山のぶ代さんが本をお書きになったようで、その紹介文に着物に関する一文がありました。とても素敵だったので抜粋します。

私が小さい頃に、祖母が反物を誂えたとき、
祖母は「利休ねずみに銀で雨を降らせてください。」と言い、
反物屋さんは「雨は夕立でなく、五月雨ですね。」と答えたんです。
反物が出来上がってきたときに「少し地味だったので、燕を飛ばしておきました。」と反物屋さんが言ったんです。 −中略− 色見本も形見本もなにもなしで、言葉だけで色と柄について意志を通わせていた −中略− 日本人は高度な言葉の文化を持っていたと思うのです。


こんな風に言葉で着物を誂えることができたら素敵だなぁ。
売る側もお客側も、共通した知識がなくては成り立たないものですよね。

着物は湿気が多い日本の気候から生み出され発達した衣服だそうです。日本語もどこかしっとりと湿り気がありますね。どちらも大切にしたいなぁと思った本日の昼下がりでした。


 ←紹介されていた著書はこちらです。
posted by たん at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

浴衣をしまう・・反省。

浴衣のしまい方についての反省があります。

昨夏、浴衣はジャブジャブと手洗いして、搾らずに陰干ししました。
糊付けをしてしまいこむと虫食いしやすいといので、そのまま畳んでたとう紙に包んで箪笥にしまいました。

どうせ箪笥の中で重なって重みでプレスされるだろうからと、アイロン掛けを省略しました。来年着る前にアイロンかければいいじゃない。とその時は考えたのでした。

さて今夏、浴衣の季節はあっという間に到来し、出してからアイロン掛けようなんて暇はなし。お祭りだ、盆踊りだとその日に箪笥から出して着る始末。他人の目には遜色なく見えるかもしれませんが、どうもアイロンを掛けない浴衣はシャキッとせず、なんだかだらしない気がしてしまって気持ちがのりませんでした・・・。

来年すればよし。というのは大間違いと反省しかりです。

【浴衣のしまい方】

1:中性洗剤(エマールなど)で手で押し洗いする
2:搾らずに着物ハンガーにかけて陰干しする
3:糊付けはしない
4:アイロンを掛けて、本畳みにする
5:たとう紙に包んで、箪笥に収納


何事も「後でするつもり」はありませんね・・・。

この暑さでクーラーのない我家では、アイロン掛けはまるで罰ゲーム。
もう少し涼しくなったら一気に片付けますから、おきっぱなしだけど許して・・・。
posted by たん at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 準備・後始末・保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

うそつき襦袢

皆さま、暑い暑い夏は如何お過ごしでしょうか?暑いとぼやいても仕方の無いことですが、まだまだ着物好きに筋金の通っていない軟弱なわたくしは、体力無くなかなか着物に袖を通せない日々を送っていました。

ウダウダいわずに、本日は着物で出掛ける!と、気合を入れなおし着物の準備です。しかしいつも通りだと暑さで倒れてしまうかもしれません。そこで、以前から試してみたいと思っていた『うそつき襦袢』にチャレンジ。

usotsuki_juban.jpg半襟がかけられるように仕立ててある肌襦袢の上に、別誂えの絽のお袖を安全ピンでつけました。下は晒しの裾よけにしました。さすがに親子三代着物をきていると、夏対策はそれぞれ試行錯誤しているようで、お家にあったものを寄せ集めて、このような「うそつき」となりました。






usotsuki_juban02.jpgうそつき襦袢の上には、大好きな麻の着物を着付けました。いつもよりも一枚少ないのですが、見た目は遜色ありません。

効果の程はというと、余りの暑さに観測不能。3時間の外出でエネルギーが切れてくらくらしながら帰ってきました。いつもの肌襦袢+長襦袢+着物と三枚重ねだとどのくらい外出できるのか?昨年の私は、着比べ実験をしたと思いますが今年は・・・・無理。

夏前までは洋服にとんと興味がなくなってきたわたくしでしたが、この夏は「洋服も少しは持っておこうね。」と教えてくれているようです。

皆さまもどうぞ、お身体お大事に・・・・・。はやく涼しくなりますように。
posted by たん at 19:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 準備・後始末・保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

着物姿の大敵

いやぁ〜暑いです。本日神戸の最高気温は37.2℃。神戸全域が発熱状態です。今日も、着物に袖を通すスタミナなし。

「着物姿における大敵とは何?」
と以前私の知人から、呉服屋の若旦那さんが質問されていました。

その答えは、「日焼け」。

肌が日に焼けて黒くなると、着物の色目の似合う色幅が狭くなってしまうそうです。肌が白ければ、さまざまなカラーを着て楽しむことができ。肌の色が黒ければ似合う着物を探すのに苦労するそうですよ。

小学生の甥や姪は、夏中陽の光を浴びて真っ黒になっても冬には白く戻ります。新陳代謝の良いことといったらうらやましい限り。

私はもともと海水浴に行くと必ず目の病気になってしまい、後が大変なので、海で肌を焼くなどもう十年以上していません。しかし、このところ生活紫外線が気になり、朝からファンデーションを塗るようにしています。気になるのは「うなじ」うっかりすると日に焼けてしまうので、要注意です。

帽子、日傘、UV加工の長手袋、etc.・・・・。みなさんはどんな日焼け対策なさってますか?肌の白いは七難隠す。このことわざは着物文化から生まれたものかもしれませんね。
posted by たん at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

猛暑お見舞い申し上げます。

毎日毎日暑いですねぇ。さすがに気温36度では、着物を着る気持ちもそがれてしまいます。気が乗らないときは、好きな着物でも無理はしないことにしました。脱水症状と熱射病で倒れるのもしゃくですし。

猛暑お見舞い申し上げます。
皆さまもどうぞお身体気を付けて。
自然環境が厳しいときは、いつもの自分にするのに2倍も、3倍もエネルギーが必要ですものね。

こんなに暑ければ、気分は沖縄の花織の着物かしら・・・・・。
そんな素敵な着物は持っていないので、呉服屋さんで眺めて楽しむことにいたします。死ぬまでに誂えることができて、袖を通せたらいいなぁ〜。私の憧れです。
posted by たん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

床がフニャフニャ・・・

bonodori2006.jpg夕ご飯が終わってから、姪が「盆踊りに行くよ〜。」と誘ってくれました。日中暑くて疲れていたのでどうしようと迷いましたが、一年に一度のことなので重い腰を上げ、浴衣に着替え一緒に出掛けることに。

会場の小学校に着くと、婦人会の踊りの会のおばちゃんたちがおそろいの浴衣で颯爽と音楽に合わせて踊っています。櫓を囲んだ輪の中に姪は突入。一番上手な踊り手の後ろにくっついて、真剣な顔で見よう見まねで踊り始めます。私も姪の後ろについて一緒に盆踊り。

何周したかわからないほど、姪は踊るのに夢中。
彼女の楽しそうな笑顔につられ私も結局最期まで踊り通し。

帰り道で踊りすぎて足が痛いという姪は、下駄を脱いで自分の家の玄関を上ると、
「変だよ〜。床がフニャフニャして柔らかいよ〜。」
と、不思議ぎそうに首を傾げていました。

そういえば私も、小学生の頃盆踊りが大好きで、踊りつかれて帰ってきたらまったく同じ感覚を持ったのを思い出しました。流石に大人になっているので今日の私の足の裏の感覚はいつもと一緒でしたけどね。

私と姪では、環境も生活スタイルも、遊び方も全く違うと常日頃感じます。
盆踊りなんて恥ずかしいといわずに、素直に浴衣姿で真剣に踊る子供に育ってくれて嬉しいなぁ、と思う今晩でした。
posted by たん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

女優度

joyuudo.jpg本日も暑かった・・・。朝から蝉がワシワシと鳴いている中、汗だくになりながら着付をし、夕方4時に帰宅して撮った画像がこちら。神戸の日差しの強さを感じていただけると思います。茄紺の紗の一つ紋に絽の帯。帯はハイビスカスの刺繍が施された、祖母も母も私も好きで大切にしているもの。

流石にこの暑さの中、着物姿で動き回ると汗が思いのほか出ているようで、帰ってきたら何だか胸が苦しいほど。これは汗と一緒に体内のミネラルも流れ出ているからだということ。塩分も摂取せねば。

さて夏の着物の大敵は、何と言っても汗ですね。身体の汗もさることながら、顔から出る汗はどうすべきか・・・・・。

着物の達人にたずねると、「顔から汗は出さないと思い続けること」との答え。女優さん達は、顔から汗を出さないとよく言われますよね。

夏の着物は特に「女優度」がはかられる時とのこと。私は額にジワワと汗が出ますが顔から流れ落ちるほどではなく、汗だけで言えば女優度中級とのこと。しかし、汗の変わりに油っぽくなってしまって時間が経つと顔がピカピカになってしまうので、上級の道には程遠い。と笑って判定されました。

皆さんの「女優度」は如何でしょうか?
posted by たん at 21:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 身体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

補正、いろいろ。

先日通販カタログを姉に借りて眺めていたら、着物専用の通販カタログがあるとのこと。早速取り寄せてみました。表紙は市田ひろみさん。中を見ると、仕立て上がり数万円という夏の着物が沢山掲載されていました。

そんな中注目したのが、下着と補正具。いろいろとあるものですねぇ。
ネットなどで調べたり、お店で覗いたりしていますが、カタログになっていると非常に見やすい、比較しやすい。

ネットでもサイトがありました。

●ニッセン 和装小物サイト
http://www.nissen.co.jp/s_category/shoes-bag/goods/wasoukomono/


あえてカタログを取り寄せるのもおススメです。
どうぞお試しあれ。
posted by たん at 20:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

身体に合わせる衣服

ご無沙汰しています。梅雨バテ、夏ダレしていました。日常生活は送れるものの体力が足りず、着物に袖を通すことが出来ない日々を過ごしていましたが、今日から八月。気持ちを新たにまたブログも再開します。

洋服は身体を服に合わせるといいますよね。和服は身体に合わせる、身体に添うといいます。身体に合った着物を着たときの心地好さは細胞が喜ぶという感じですが、身体に力がなければ着物は着ることが出来ないんだと痛感した日々でした。

midori_hitotsumon.jpg
でも着てみるとやはり気持ちが良い。ものすごく汗は出ますが、胴回りがビシッと決まって気持ちにハリがでます。

年とともに体力は減ってきているなぁと思います。着物が私の体力バロメーターになっています。通常体力に+αしないと着物を着ることが出来ないということはまだまだ身に付いていていないということですよねぇ。このところ嬉しいことがあるので、+αはそちらに消費されていたようです。

これから夏本番、どうぞ皆さまも夏バテしないようにお気をつけて。

posted by たん at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。