2006年06月24日

夏は足が痺れやすい

着物で正座をしていたら、いつもよりも早く足が痺れてしまいました。そして痺れ具合もひどく感じる。

夏は足が痺れやすいのだそうです。
理由は発汗が激しく、脱水症状になりやすい。つまり血液ドロドロ状態になり、循環が悪くなり、足に血が回りづらく、痺れる。という具合です。

着物を着ていると、胴回りは帯でしっかりと締められ身体は冷えず、わきの下は熱を逃がす構造になっているので、洋服でいるよりも思いのほか大量に汗をかいているようです。

そんなときは、水分の補給と、塩分の補給をこまめにすると良いそうです。
ただの水ではなく、生理食塩水つまりスポーツドリンクなどをこまめに補給して行くと良いとのこと。

浴衣のときも同様です。着物姿で汗をかくと嫌だからと水分を取らないと脱水症状で倒れる危険あり。みなさま、どうぞお気をつけください。

よくコメントをくださるたまさんは元看護士さん。この情報はたまさんから頂きました。ありがとう。
posted by たん at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。