2006年07月03日

傘張り浪人がいたならば

着物、梅雨。このキーワードで連想するのは?雨コート、雨草履、傘・・・・。

着物姿が粋に決まる和傘が欲しいなぁ、などと思いつつ家の納戸をゴソゴソとかき回すと、出てきました和傘です。

wagasa.jpg閉じているときは趣があって良い感じなのですが、開くと画像のように見事な破れ傘。

「どこかに
 傘張り浪人がいないかなぁ・・・・・。」

とつぶやくと、「いるとしたら、ほかでものなくこの古い日本家屋の我家じゃないの。」と聞きつけた母がツッコミを入れてくれました。

この和傘は傘の表に祖父の母、私の曾祖母の旧姓が書かれているので、推定明治初期のものです。骨組みはとても繊細に出来ていて捨てるにはもったいない。しかし、修繕するとなるとかなりお金が掛かるのでしょうねぇ。
なので、傘張り浪人ならば安く傘張りしてもらえるのでは?という発想になりました。傘張り浪人をご存知の方、どうぞご一報ください。

この破れ傘、持ってみると相当な重量です。使い捨てのように売られているビニール傘8本分程の重量はあるとおもいます。昔の人は筋力が当たり前についていたのだなぁと感心します。

そのうち余裕ができたなら、修繕したいこの傘。
また今度ね、と声を掛けて納戸に大事にしまい直しました。
posted by たん at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。