2006年07月17日

プロの着付け(2)

まだ神戸には帰っていません。最近のホテルは便利ですね。デジタル・アメニティといって、コンピュータ付の部屋に本日は宿泊です。携帯メールに難儀したので、キーボード入力が快適です。

さて、プロに着付けをしてもらいました。親戚の結婚式も非常に楽しみにしていたのですが、式場の美容室の着付けは定評があると教えてもらっていたのでこちらも楽しみにしていたのです。

先日までの着付教室で一応、伊達襟付き訪問着と袋帯の二重太鼓結びまでの技術は何とか取得しているのですが、ここは敢えてプロの技を拝見したいとの意図で着付をお願いしました。

面白かったことが沢山あるので、シリーズでの記録となります。
まずはこちら。

【プロの着付 準備篇】
●到着確認電話あり。
着付をしてもらう2日前に着物一式を荷物にして、宅急便で美容室に送りました。すると、到着日に受け取りと確認の電話が掛かってきました。この対応の良さに、またまた期待が高まります。

●紐付け、伊達襟付け
さて当日の予約時間に美容室を訪ねると、私の送った着物一式が乱れ箱に入って用意されていました。見ると、襦袢には細いガーゼの紐が縫いつけられています。そして訪問着の襟と伊達襟はしっかりと糸で仮止めされていました。

もうこの時点で「やられた」という感じです。次回は着付篇を記録したいのですが、現在の環境だと画像処理ができません。今回はここまでとします。

自分で着こなす楽しみももちろんありますが、上手な他人に着付けてもらうとまた格別です。あー自分で何もかもせずにプロに安心して任せられるのって素敵。
posted by たん at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。