2006年08月31日

対丈で着る

tsuitake02.jpgどなたに頂いたかもうわからない夏の着物を着ました。とても小さい方が誂えた着物のようで、身丈も裄も短いので、おはしょり無しの対丈で着てみました。

おはしょりがないと、どうも下腹ポコンが目立つようで気になります。でも、対丈で着ると着付けが楽チン。自分サイズになっていないとみっともないのかもしれませんが、普段着物で家事などするときにはとても良さそう。そういえば着物に関する古い書籍の中のエッセイに「対丈に筒袖にしておけば、家事でも何でも動きやすい」とあった気がします。

対丈ならば、角帯など貝の口に締めて男前に着ても面白いかもしれません。お外には出られないかもしれませんが、お家の中で楽しむ分にはよさそう。今度挑戦してみよう。そういえば水前寺清子さんの着付けは男性仕様ですよね。

それにしても、袖口から襦袢がはみ出ていてだらしない限り。原因は前日の準備を怠ったため。部屋に出ているものを合わせもせずに、エイヤっと着てしまったから。何事も仕込みの仕方で完成度が変わりますな。画像を見て反省しきりです。

明日から九月ですね。残暑は厳しいのですが、着物は夏のものから秋へと変化。明日からは厚ぼったくない単衣を着たほうが良いと、着物有識者からのアドバイス有り。大好きな単衣の季節に突入ですが、早く涼しくなってくれれば良いのですが・・・。

耳を澄ませば、お庭から虫の声が聞こえてきます。
着物が楽しい涼しい秋はもう直ぐですね。
posted by たん at 20:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23074998

この記事へのトラックバック

着物の用語-対/つい
Excerpt: 二つで一組になる事をいいます。 着物と羽織が同じ生地で仕立てられたものや、 二人...
Weblog: 京都きもの工房blog
Tracked: 2008-06-24 14:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。