2006年08月31日

対丈で着る

tsuitake02.jpgどなたに頂いたかもうわからない夏の着物を着ました。とても小さい方が誂えた着物のようで、身丈も裄も短いので、おはしょり無しの対丈で着てみました。

おはしょりがないと、どうも下腹ポコンが目立つようで気になります。でも、対丈で着ると着付けが楽チン。自分サイズになっていないとみっともないのかもしれませんが、普段着物で家事などするときにはとても良さそう。そういえば着物に関する古い書籍の中のエッセイに「対丈に筒袖にしておけば、家事でも何でも動きやすい」とあった気がします。

対丈ならば、角帯など貝の口に締めて男前に着ても面白いかもしれません。お外には出られないかもしれませんが、お家の中で楽しむ分にはよさそう。今度挑戦してみよう。そういえば水前寺清子さんの着付けは男性仕様ですよね。

それにしても、袖口から襦袢がはみ出ていてだらしない限り。原因は前日の準備を怠ったため。部屋に出ているものを合わせもせずに、エイヤっと着てしまったから。何事も仕込みの仕方で完成度が変わりますな。画像を見て反省しきりです。

明日から九月ですね。残暑は厳しいのですが、着物は夏のものから秋へと変化。明日からは厚ぼったくない単衣を着たほうが良いと、着物有識者からのアドバイス有り。大好きな単衣の季節に突入ですが、早く涼しくなってくれれば良いのですが・・・。

耳を澄ませば、お庭から虫の声が聞こえてきます。
着物が楽しい涼しい秋はもう直ぐですね。
posted by たん at 20:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

補正、いろいろ。

先日通販カタログを姉に借りて眺めていたら、着物専用の通販カタログがあるとのこと。早速取り寄せてみました。表紙は市田ひろみさん。中を見ると、仕立て上がり数万円という夏の着物が沢山掲載されていました。

そんな中注目したのが、下着と補正具。いろいろとあるものですねぇ。
ネットなどで調べたり、お店で覗いたりしていますが、カタログになっていると非常に見やすい、比較しやすい。

ネットでもサイトがありました。

●ニッセン 和装小物サイト
http://www.nissen.co.jp/s_category/shoes-bag/goods/wasoukomono/


あえてカタログを取り寄せるのもおススメです。
どうぞお試しあれ。
posted by たん at 20:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

ひとりでできた。

もう夏ですねぇ、今朝は蝉が鳴いていました。もうすぐ夏祭り。
小学3年の姪は夏祭りに向けて準備万端です。

hitoride.jpg新しい浴衣を買ってもらい、帯も三尺帯から反幅の付け帯へ。ちょっとづつ大人になっていきます。

自分で帯を結んでみる?と聞いたら、「やってみる。」との答え。

胴体部分の帯を結んで、リボンの部分の金具を挟み、前から後ろにヨイショと回しています。

「ひとりでできたよ〜。」


hitoride2.jpgひとりで帯を結べたら、好きなときに自分で浴衣を着ることができるね。
といったら、「へへへっ。」とちょっと恥ずかしそうに笑っていました。

ただ今身長130cm。大人と子供の中間。あと2年もしたら私の祖母、彼女にとっては曾祖母の浴衣を着て夏祭りに出掛けるのでしょうね。





来年は教えてあげるから、付け帯じゃなく反幅帯を文庫に自分で結ぼうね。





posted by たん at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

発見!蝙蝠柄。

本日ホームセンターへお買い物に行ったら、偶然発見しました!蝙蝠柄の手ぬぐい。
こんな柄になるんだ〜。面白〜い。

koumori.jpg図柄の解説が入っていました。
それによると、

●蝙蝠の「蝠」の字は「福」と同義で、中国では長寿の福を呼ぶ動物と考えられていた。江戸後期の歌舞伎役者七代目団十郎は「蝙蝠に三升」や「蝙蝠に牡丹」の柄を考案し、当時の庶民の間でゆかたの柄から小物細工まで大流行した。


とあります。うーん、お江戸はスタイリッシュだったのだなぁ。
七代目団十郎というキーワードを得たので、蝙蝠柄の糸口が掴めました。さらに意匠を探してみようと思います。

そのまま手ぬぐいとして使っても良いのですが、せっかくなので何か小物細工にしてみるつもり。何かできたらまた記録しますね。

posted by たん at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

憧れの「角だし結び」

4ヶ月に亘る着付教室も終了しました。お陰さまで着付けの技術も向上した模様です。半襟の出具合、おはしょりの処理、帯結びのコツ・・・などなど非常に安定して、早く綺麗に着付けができるようになりました。

カリキュラムには無かったのですが、最後に先生に無理にお願いして憧れの「角だし結び」を教えていただきました。

tsunodashi.jpg
帯枕を使わないので柔らかな感じに仕上がるこの帯結び、着付けの本に首っ引きで結ぼうとしてもよくわからず断念していたのです。

おまけの短い時間に結んでもらったので一度で技術を獲得できませんでしたが、百聞は一見にしかず!どんな構造かがわかれば、本を見て独習もしやすいはず。

画像では柔らかなザクザク織の夏帯ですが、博多帯などのしっかりした帯で結ぶとふっくらと綺麗になるそうです。


憧れの角だし結び。浮世絵のような着物姿を目指して、後は練習あるのみです!
posted by たん at 21:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

傘張り浪人がいたならば

着物、梅雨。このキーワードで連想するのは?雨コート、雨草履、傘・・・・。

着物姿が粋に決まる和傘が欲しいなぁ、などと思いつつ家の納戸をゴソゴソとかき回すと、出てきました和傘です。

wagasa.jpg閉じているときは趣があって良い感じなのですが、開くと画像のように見事な破れ傘。

「どこかに
 傘張り浪人がいないかなぁ・・・・・。」

とつぶやくと、「いるとしたら、ほかでものなくこの古い日本家屋の我家じゃないの。」と聞きつけた母がツッコミを入れてくれました。

この和傘は傘の表に祖父の母、私の曾祖母の旧姓が書かれているので、推定明治初期のものです。骨組みはとても繊細に出来ていて捨てるにはもったいない。しかし、修繕するとなるとかなりお金が掛かるのでしょうねぇ。
なので、傘張り浪人ならば安く傘張りしてもらえるのでは?という発想になりました。傘張り浪人をご存知の方、どうぞご一報ください。

この破れ傘、持ってみると相当な重量です。使い捨てのように売られているビニール傘8本分程の重量はあるとおもいます。昔の人は筋力が当たり前についていたのだなぁと感心します。

そのうち余裕ができたなら、修繕したいこの傘。
また今度ね、と声を掛けて納戸に大事にしまい直しました。
posted by たん at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

+27cm

本日は着付け教室で、着物の寸法について簡単な講義がありました。
「着物の身丈は、着丈に+27cmです。」

※身丈(みたけ)
=和服の後ろ中央、衿つけ線から背縫い線を通って裾までの、身頃の長さのこと。
※着丈(きたけ)
=着物を着つける丈のことで、腰紐を締めおはしょりをとった後に、着物の後ろ中央にある衿つけ位置より裾までの丈をいう。


着丈+27cmで、おはしょりも十分に取れてベストな着付けの状態にもっていけるので、お着物を誂える機会のため参考までに覚えておいてください。とのことでした。

はてさて「27cm」とは?この数値の根拠は何?不思議に思えば直ぐに質問。答えは、日本人の顔の長さとのこと。

自分の顔の長さは何cmあるのか? 皆さんご存知ですか?
即答できないわたくしは、早速実測することに。

方法は、頭の上に書籍を乗せ、顎の下に書籍をあてがい上下の位置をはっきりさせて、書籍間をメジャーで計測してもらいました。一人では無理だったのと、顔を測るということ自体が何だか面白可笑しく、家族を巻き込みました。

実測結果は、私=23cm、母=22cm、姉=23cm。

う〜ん、我家は顔は小さめだけどそうそう小顔という感じではないと思うのだが。これはもしかしたらデータが古いのではないだろうか?????

信憑性が怪しくなってしまって申し訳ない結果となりました。ただし、顔の大きさを測るという行為は面白かったです。自分の事って、厳密には把握していないものですねぇ。何に役に立つかはわかりませんが、数値は覚えておこうと思います。
posted by たん at 20:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

六月の着物(2)

昨年も記録したのですが、更に情報が詳しくなっているのでもう一度。

六月の着物は、
●着物・・・・・・単衣、無双
●帯・・・・・・・前半は単衣帯・後半は絽、紗、絽綴
●長襦袢・・・・・絽
●半衿・・・・・・立しぼ、絽ちりめん
●帯揚げ・・・・・前半は綸子、東雲・後半は絽・紗

気候を考慮して、この範囲で臨機応変に対応すれば良いそうです。
長襦袢、帯揚げなどから徐々に夏仕様にしていくそうですよ。もう帯揚げは絽でも良いと着付けの先生はおっしゃっていました。

私は単衣の着物がとても好きです。何が理由か考えてみると、季節の境界線の上で少しづつ装いをスライドさせて組み合わせていくのが面白いからのようです。

今週末は衣替えをしなくちゃ!まずは部屋中のお掃除から始めて。季節が変わるというのは刺激があるなぁと感じています。
posted by たん at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

初めての黒留袖体験

tomesode.jpg着付教室で黒留袖の着付けを教えていただきました。
生まれて初めての留袖体験です。

感想は、とにかく重い。
祖母の留袖を何十年か振りに出してきましたので、きっと現在の仕立てよりも更に重さがあるのかもしれません。襦袢からもう既に重い。比翼仕立ての本体も重い。重さで前が下ってくるので右前身ごろはしっかりたくし込むようにとのご指導でした。

着てみると重厚で非常に華やか。着付には苦労しそうですが着映えはすこぶるよく迫力もあり、とても気に入りました。

しかし、黒留袖はミセスの第一礼装とのこと。
ということは、ミセスにならない限り用はないということか・・・・・。

ミセスになる希望は捨てず、とりあえず訪問着に伊達衿を付ける着付を先にマスターなさい。とのアドバイスを頂いた本日でした。

posted by たん at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

藤色の着物に

本日の神戸は雨模様。何だかちっとも春らしくない気候ですよね。体調が整わず苦労しています。皆さまはいかがでしょう?

祖母が誂えた着物は水色や藤色が何枚もあります。いろいろな方にお話を聞いても昔の方は、この二色が多いとのこと。当時の流行色、もしくは年をとったらこの2色という常識があったのかもしれませんね。

fujiiro01.jpg祖母が晩年雨の時には必ず着ていた着物を、初めて着てみました。化繊の丸洗い可能な上、祖母が相当来ていたらしく襟元に黄バミがあり、これならば汚しても転んでも惜しくないので、足元が悪い本日にはちょうど良いとの母の指示あり。

小紋で近くで見ると結構うるさい柄。帯合わせに悩みましたが、白っぽい袋帯を結んでみました。

fujiiro02.jpg正面からアップで写した画像はこんな感じです。薄い緑の帯締めを合わせたら、全体的にしっとりとまとまりました。

実は本日の雨でどうも血圧が上らずボーっとしていて、帯締めをよく考えて選ぶ時間が無かったのです。なので前回着たものを結んで急いで外出。怪我の功名とでもいいましょうか、余り悩まずに選んだものが功を奏しました。

藤色に薄い緑。
案外相性が良いものですね。他の藤色の着物も楽しんで着ることが出来そうです。
posted by たん at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

足の形に名前有り。

時々この記録に登場するお世話になっている呉服屋の若旦那さんが家業を継ぐという、正式なお披露目の展示会に行ってきました。良い船出になりますように、心からお祝い申し上げます。

tabi_saisun01.jpg
この展示会には、お誂え足袋のコーナーが設けられていました。

赤い足袋は足袋屋さんの宣伝用の1尺5寸以上ある大足袋。コハゼも紙にアルミホイルでしたが、丁寧に作られていて微笑ましい代物でした。

画像に写っている採寸用の台に足を乗せて計測。木型をつくって足にぴったりの足袋を誂えてくれるそうです。

自分にピッタリサイズの足袋はわたしの憧れ。そのうちきっと手に入れたい・・・。今は残念ながら余裕無し。




さて、もうひとつ画像に写っているアイテム。これが面白いのでした。

tabi_saisun02.jpg
採寸し、フルオーダーするとやはりそれなりにお金は掛かる。もう少しお手軽なお値段で、より足にあう足袋を探せるのだそうです。

この足袋屋さんでは、足の大きさだけでなく、甲の幅や高さによって、分類を4タイプに分けて細かく既製品をつくることで、よりお客様の足にフィットする足袋を用意しているとのこと。そのタイプにそれぞれ名前が付いていて、タイプ別の日本女性の足型の%が棒グラフになっています。

●うめ・・・細型
●もも・・・中型
●ぼたん・・ゆったり型
●うたげ・・お誂え型


このグラフ、ちょっと黄ばんでいたので随分昔から使っているんだろうなぁと推察。この呼び名は昔から使われているのでしょうね。この足袋屋さん独特の表現なのか、足袋全般の呼び方なのかは不明ですが、柔らかな表現でとても微笑ましく感じました。

足の形の名前、使い込まれた採寸台、愛嬌のある赤い足袋、しっかり作られた沢山の足袋の見本。長年の実直なお仕事振りがうかがえて、ホッと心がほぐれるような、そんなひとコマでした。
posted by たん at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

五月の着物

もう!四月も終りなのに寒い!本日の神戸は午前中は息が白かったですよ。どうなってるんでしょうねぇ、地球。分厚めで濃い色目の着物はお仕舞いにして、単衣に向けての準備をしようとおもっているのに、寒くてちっとも動けないこの頃です。

さて、五月の着物は

●着物・・・・・・袷 下旬単衣も可
●帯・・・・・・・袷 (前半は袋・綴・袋名古屋、染名古屋・後半は単衣帯、染名古屋) 
●長襦袢・・・・・単衣
●半衿・・・・・・塩瀬、東雲、絹縮
●帯上げ・・・・・綸子、東雲
●羽織、コート・・単衣、紗

新しい言葉が出てきました。「東雲(しののめ)」、「絹縮」。
どんなものか実際に出会うのが楽しみです。

新しい情報に出会うたびに思います。着物の深〜い世界に底はあるのか???
きっと無いのでしょうね。万華鏡のような世界だなぁ、と思います。
posted by たん at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

襦袢は単衣

今週末から大型連休に入るとのこと、9連休の方もいらっしゃるのですよね。袷の季節の最後のお休みですよ〜。五月の中旬を過ぎれば、単衣の季節に突入です。

しかし四月下旬にもなると一足お先に、襦袢の方は単衣で良いそうです。

着物と襦袢との取合せをずらして行くことで、気温の変化に対応して行くのですね。大好きな単衣の季節がもう直ぐ到来。嬉しい反面、袷のメンテナンス代を考えると頭が痛い季節です。
posted by たん at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

お太鼓柄の位置

裏山からうぐいすの声が聞こえてきます。細ーい、柔らかーい声で「ホーホケキョ」。何だか気温は低いのですが、気持ちは春。本日は、水色の紬に、ピンクの幾何学模様の帯を合わせ、春らしいコーディネートにしたつもり。しかし、着物の達人に言わせると、「あなたはいつも地味ねぇ。」わたくし的には、若々しい可愛らしい色合わせのつもりでしたが・・・残念。

otaiko_gara_ichi.jpg

帯の位置について、以前記事にした覚えがあります。若いほど上、年齢をかさねる毎に下へ。というルールというか、常識というものがあるそうです。

これがなぜ、着物における常識だと思う根拠は、
直線の美である着物は、本体である身体の状態に添うことで、形が決まって行くと考えています。若いほど筋肉の状態が良くバランスの中心は上にあり、年を重ねると筋肉がたるんでくるので段々とバランスの中心は下向きになって行きます。だから、帯の位置も下へ動いて行くのは、理に適っていると思います。

この話には、何歳だから帯は何cmのところに締める、と決まっているものではないようです。きっと、美しいバランスを保つための慣用といった所ですね。

さて、お太鼓の柄も同じことがいえるそうです。
今回の画像は、柄の中心が随分下になってしまいました。私の外見では、柄が中央にしっかりきたほうが良いとのアドバイスを頂きました。

帯の位置、柄の位置で、年齢を表現する。今日は、若く見えるように。明日は、年を重ねて落ち着いた感じにする。着物と帯の合わせ方だけでなく、それぞれの位置もこれから良く感じてみたいと思っています。
posted by たん at 19:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

普段着の帯締め

普段着の帯締めの先、房の位置をどうするか着付教室で教わってきました。
obijime_right.jpg

obijime_left.jpg

画像のように、左側は下向き、右側は上向きにするそうです。
どうして?意味は?と尋ねると、

●房が上向き・・・・慶びを表す
●房が下向き・・・・悲しみを表す

という意味があるそうです。まとめると、

●慶事で訪問着や留袖などを着るとき・・・帯締めの先は左右とも上向き
●弔事で喪服を着るとき・・・帯締めの先は左右とも下向き
●普段着・・・帯締めの先は左は下向き、右は上向き


先生にどうして左右を逆にするのかをお聞きしましたが、そういうものなのとして当たり前に受け止めていたので理由はわからないとのことでした。

勝手に解釈すると、普段着つまり日常は、慶びも悲しみも両方あるのが当たり前で平常心でいましょう、もしくは常に平常心ですというサインでしょうか?

身体の中心にある一本の細い紐に、こころばえがあるということに驚きました。そしてまた、着物が好きになりました。
posted by たん at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

格安の足袋カバー

街歩きは自然と着物関連のウィンドショッピングになる此の頃。こまめに見ていると、店頭の台に格安の品々を見つけます。一足380円の足袋カバーを発見。ちょうど一足、裏がやせて穴があいたばかりだったので、これはお買い得と購入。

穴があいてしまったものは、1,000円以上出して購入しました。捨てる前になんとなく見比べていると、その違いは、コハゼの有無と素材、形の違い。
金額が安いほうは、コハゼが無い靴下式で、素材はよりツルツルしていました。形は悪く足にそわないので足のサイズが不恰好に大きく見えますが、380円にそれを文句するわけにはいかないですよね。

本日は、雨模様。昨晩は早く寝て英気を養いましたので、着物姿でお出かけ。足元が汚れるのは必須なので、足袋にこの安い足袋カバーを履き、カバーの突いた雨用の草履で出掛けた所、それはそれは・・・・・参りました。

足袋カバーがツルツルしていて、草履が滑るのです。雨でそれにしても歩きづらいのに、気を抜くと草履が飛んでいってしまいそう。実際にバスに乗るときにステップで草履がスポンと脱げて、次に乗る方に拾ってもらいました。トホホ。

傘をさして歩いている途中も、脱げそうになり草履の台から踵が落ちて、グキッと足首をひねりそうになること4、5回。

着物姿で前を歩いている人が、急に転びそうになったら後ろから歩いている人はビックリするでしょうねぇ。後ろから「うわぁ」という声が小さく上ったのを聞きました。驚かせてごめんなさい。

この格安足袋カバーと雨草履の相性は最悪!

消耗品なので安いが嬉しいと思っていました。が、品質が良いものが安いと、ただ安いの違いは大いにあるのだと痛感しました。

本日は洗濯機で洗える3,000円の着物でのお出かけでしたが、これが上等の訪問着を着ていて、380円の足袋カバーのお陰で雨の中転んだら、メンテナンス代は10,000円近くは払うはめになるかも。

草履や足袋、足元にはしっかりお金を払った方が良いかもしれません。
お買い得品は見つけたなら、飛びつかず、買う前にしっかり商品チェックをしなくては。

安物買いの銭失いとはこういうことを言うのでしょうね。
posted by たん at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

四月の着物

寒の戻りが厳しいですね。小池環境相大臣も急性肺炎で入院なさったとのこと。お大事にです。皆さまこの寒さを乗り切れば、きっと春・・・ですよね。花粉症で調子の悪い方もどうぞ体調を崩さぬように、お気を付けくださいませ。

さて、四月の着物は(着物おこころおぼえより)

●着物・・・・・・袷
●帯・・・・・・・袷(袋帯・名古屋帯・綴帯)
●長襦袢・・・・・袷
●半衿・・・・・・塩瀬、縮緬
●帯上げ・・・・・綸子、縮緬
●羽織、コート・・袷(中旬以降は単、紗、無双)

あぁ、待ちに待った春はもう直ぐ、のはず。
着付の先生に質問しました。コートや羽織はなくても良いのでしょうか?と。
「もう春なので、そうそう堅苦しく考えないで、ショールなどを羽織っていれば良いですよ。」とのことです。

これから梅雨前までは着物が楽しいシーズンです。嬉しい。芽吹き花咲く草花にと共に、着飾って身も心も春めいて今年は暮らそうと思っています。
posted by たん at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

割烹着の着方

割烹着をササッと着るにはどうしたら良いか?というリクエストが届きました。
@まずは両袖を通します

howto_kappougi.jpgA上の紐を自分の前で結びます
縦結びにならないように注意して!









howto_kappougi02.jpgB出来た輪に頭を通します
首の後ろ、襟の付根の部分に紐がくるようにします。








howto_kappougi03.jpgC下の紐を後手で結びます










howto_kappougi04.jpg割烹着は後姿に要注意。
NGポイントは2箇所

1:お太鼓結びの両端が
  割烹着よりも上に出ている

2:下の紐が縦結び





howto_kappougi05.jpgお太鼓結びも割烹着に納まり、蝶々結びもできました。

後姿のチェックは忘れずに!
結び目が縦結びだと、後姿がとっても子供に見えますよ〜。せっかくの甲斐甲斐しさが半減するのはもったいない。




以上、割烹着の着方でした。

posted by たん at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

割烹着の後姿

kappougi_futari.jpg
お友だち二人の割烹着姿です。
ブログ掲載の承諾を得ましたので、
早速アップしてしまいました。

和服に割烹着って、
なかなか良いなぁと思っています。
何だか甲斐甲斐しい後姿でしょ。

二人で真剣に何をしているかは、内緒です。

和服に割烹着、同性の目からは良い感じなのですが、異性から見るとはどうなのでしょうね?

わたくし的には、「お二人の旦那さん、この画像を見て妻に惚れ直しなさい。」って感じですが、
大きなお世話ですね。失礼しました。

お二人のご協力に感謝です。また着物着て、遊びましょうね。



posted by たん at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

呉服屋さんの楽しみ

呉服屋さんに年に2回いただくもので、楽しみにしているものがあります。

itokawa.jpg京都で開催される展示会のご案内です。和紙に木版で素敵な絵が摺ってあって、毎回大事にとってあります。

このご案内をしてくださるのは、神戸の丸三イトカワさん。社長さんが面白い方だそうで、旅をしては世界のさまざまな工芸品の要素を着物に取り入れていかれるそうです。インドの絹織物や、ヨーロッパの刺繍、などなど。ラインナップは上品な正統派といった感じで品揃えに見応えがあり、私の担当のおばさまは私のど素人質問にいつも快く回答をくださいます。

●丸三イトカワ 三ノ宮サンタープラザ
http://www.plazawest.org/store/store_view.asp?mem_num=117

●神戸・元町にあるお店はこんな感じ。
http://www.tpi-kobe.co.jp/002/ikw02.html

毎度気合の入ったご案内。でも何だか意気込みに押されて実際に足を運んだことはありませんでした。今年は行ってみようかな。

そういえば祖母の引き出しにも、呉服屋さんの展示会のリーフレットが何枚も大事そうに保存されていました。着物好き気質はこんなところにも受け継がれているようです。
posted by たん at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。