2006年08月30日

言葉で誂える

八月は家の改装をしていて毎日汗だくで肉体労働をしているので、着物に袖を通すのは週に一度、体力消耗でブログを書くエネルギーのない毎日を送りました。でも、やはり着物が大好きなので着物アンテナは健在なようです。

お昼ご飯の後、姉の家においてある雑誌をパラパラ眺めて目に付いた記事です。初代ドラえもんとしておなじみの大山のぶ代さんが本をお書きになったようで、その紹介文に着物に関する一文がありました。とても素敵だったので抜粋します。

私が小さい頃に、祖母が反物を誂えたとき、
祖母は「利休ねずみに銀で雨を降らせてください。」と言い、
反物屋さんは「雨は夕立でなく、五月雨ですね。」と答えたんです。
反物が出来上がってきたときに「少し地味だったので、燕を飛ばしておきました。」と反物屋さんが言ったんです。 −中略− 色見本も形見本もなにもなしで、言葉だけで色と柄について意志を通わせていた −中略− 日本人は高度な言葉の文化を持っていたと思うのです。


こんな風に言葉で着物を誂えることができたら素敵だなぁ。
売る側もお客側も、共通した知識がなくては成り立たないものですよね。

着物は湿気が多い日本の気候から生み出され発達した衣服だそうです。日本語もどこかしっとりと湿り気がありますね。どちらも大切にしたいなぁと思った本日の昼下がりでした。


 ←紹介されていた著書はこちらです。
posted by たん at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

床がフニャフニャ・・・

bonodori2006.jpg夕ご飯が終わってから、姪が「盆踊りに行くよ〜。」と誘ってくれました。日中暑くて疲れていたのでどうしようと迷いましたが、一年に一度のことなので重い腰を上げ、浴衣に着替え一緒に出掛けることに。

会場の小学校に着くと、婦人会の踊りの会のおばちゃんたちがおそろいの浴衣で颯爽と音楽に合わせて踊っています。櫓を囲んだ輪の中に姪は突入。一番上手な踊り手の後ろにくっついて、真剣な顔で見よう見まねで踊り始めます。私も姪の後ろについて一緒に盆踊り。

何周したかわからないほど、姪は踊るのに夢中。
彼女の楽しそうな笑顔につられ私も結局最期まで踊り通し。

帰り道で踊りすぎて足が痛いという姪は、下駄を脱いで自分の家の玄関を上ると、
「変だよ〜。床がフニャフニャして柔らかいよ〜。」
と、不思議ぎそうに首を傾げていました。

そういえば私も、小学生の頃盆踊りが大好きで、踊りつかれて帰ってきたらまったく同じ感覚を持ったのを思い出しました。流石に大人になっているので今日の私の足の裏の感覚はいつもと一緒でしたけどね。

私と姪では、環境も生活スタイルも、遊び方も全く違うと常日頃感じます。
盆踊りなんて恥ずかしいといわずに、素直に浴衣姿で真剣に踊る子供に育ってくれて嬉しいなぁ、と思う今晩でした。
posted by たん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

仮説)上方と江戸の違い

関西と関東、上方と江戸には着物の趣味に違いがあると良くいわれます。江戸は渋好み、上方は派手好み。少し乱暴な物言いですが、この違いいったいどこに理由があるのか?常日頃、気になっています。

先日の久々の状況の折、関東平野に降り立つと、関西との違いを感じました。

違いを感じたのは地面の色。

海岸沿いの砂浜を例に取るとわかりやすいのですが、関東の砂浜はグレー、関西はベージュなんです。

関東は地面がグレー。このグレーの地面に立つと、渋い色合いの着物はしっとりと馴染んで美しいのではないでしょうか?

比べて関西は地面がベージュ。ここに渋い色合いの着物で立つと、地面が明るいので渋い色が暗く沈んでしまうのではないでしょうか?

現在と違って着物が日常の頃はアスファルトなどなかったので地面はむき出し、どうも、上方と江戸の好みの違いはベースカラー(地面の色)の違いが大いに影響しているのではないかしら?

あくまで自己流の仮説です。着物を着て長い距離を移動したので感じたことかもしれません。上方好みと江戸好み。違いを研究している方がきっといるはず。論文など探してみようと思っています。
posted by たん at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

お蚕さんの音

梅雨の中休みの晴れ間も終り、また本格的に雨が降ってきた神戸です。
先日、ご実家が農業を営んでいて小さい頃はお家の屋根が茅葺だったという方とお話をする機会がありました。

それを聞いてわたしの目はキラリン。もしかして、お蚕さんを飼っていたりしましたか?と尋ねると、おばあさまが生きていらっしゃる小さい頃は、お家で養蚕をしていたとのこと。

「天井のお蚕棚から、雨が降っているようなザーッという音が聞こえてくるんですよ。お蚕さんが桑の葉を食べている音なんです。」

そうなんだぁ。私は着物好きですが虫好きでもあるので、お蚕の飼育の方法など調べたりして楽しんでいたのですが、実体験はまったくないので音までは知りませんでした。

お蚕が桑の葉を食む音、絹を取り出すときのお湯が沸いている音、機織の音・・・・・。
いろいろな種類の沢山の音に鍛えられているから、静かで強い絹織物が出来上がるのかもしれませんね。

毎年梅雨の雨が嫌いで記憶から消去してしまうほどですが、今年の雨は違います。お仕事として養蚕をしてらっしゃる方は、なんて悠長なことをいっているんだとあきれると思いますが、そこは都会育ちの暢気者のたわ言とご容赦ください。雨音が変わるたびに、どれがお蚕さんの音だろう?と想像して、今年の雨が楽しい雨になっています。
posted by たん at 18:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

極悪人と呼ばれ・・・

木綿の着物を出来るだけだらしなく着るとどうなるか?実験してみました。長襦袢省略で肌襦袢の上にすぐ着物を羽織り、紐は伊達締めのみ。着付けるときには襟元など出来るだけちゃんと合わせましたが、30分も動くとグスグスのダラダラ。

動いて疲れたので、ダラダラの着物に合わせ、ダラダラとそのまま寝そべってテレビをボーっと見ることに。時刻は丁度夕飯の仕度時。

「ちょっと、そこの極悪人。手伝いなさい!」

台所にいる母に呼ばれました。着物を着てダラダラしていると時代劇の牢名主気分で、ちょっと面白いなと思い始めていた所だったので、母、タイムリーな呼びかけ。

「フフフ、牢名主って感じ?」と聞くと、
「いいえ、極悪人って感じ。」と母。

着物姿で寝そべっていると、だらしないと言うより、ふてぶてしい印象の方が見ていて強いそうです。それに牢名主は牢屋に入れられているけど、あなたは野放しだから極悪人、とのこと。

実験結果としては、洋服でダラダラよりも、着物でダラダラの方がより印象が悪いようでした。
身体的には、帯をはずして伊達締めだけでダラダラしているとお腹周りが暖かく快適でした。
posted by たん at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

529

本日のタイトル「529」。何と読むかご存知ですか?

答えは「呉服」。本日5月29日は呉服の日なのだそうです。呉服屋さんのメールマガジンで今知りました。呉服の日に特別セールを催されるお店も多いそうですね。

529と呉服。日本には他にも語呂合わせの日が沢山あるんですねぇ。
語呂合わせの日一覧はこちら→http://www.ffortune.net/calen/kinenbi/goroawase.htm

語呂合わせを広辞苑で引くと、
●地口(じぐち)に同じ。天明(1781〜1798年)頃から江戸に流行。
●地口=俗語などに同音または音声の似通った別語をあてて、ちがった意味を表す洒落。

洒落で縁起をかつぐ。言葉と音で遊ぶ。日本の文化の豊かさの一つですよね。江戸時代に流行ったものとは知りませんでした。延々と現在まで楽しまれ、宣伝広告などに利用されているとは日本人DNAに組み込まれた洒落っ気なのかもしれませんね。

残念ながらあと1時間余りで今年の529の日は終了。来年は忘れずにチェックしなくちゃ。
posted by たん at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

浴衣購入の旬

先日呉服屋さんとお話をしていて、浴衣の話になりました。
浴衣は問屋さんの新作見本発表が2月なのだそうです。
そして、6月初旬には浴衣の新作が店頭に並び始めて、その旬は6月一杯だそうです。

6月初旬に浴衣を選ぶなんて何だか気が早いような気がしました。まだ、梅雨明けもはっきりしない時期でしょ?まぁ3月の現時点で6月はどうだっけと記憶はおぼろげですが。

6月に浴衣の反物を売り出す理由は、仕立てる時間が掛かるためとのこと。
6月中には頼んでおかなくては、7〜8月の浴衣シーズンに間に合わない。着物は季節を先取り、6月に売り出しは常識だそうです。

教えてもらうと、既製品の浴衣の広告が入るのは7月というのは、仕立てるを経てから登場なので当然ですね。

そういえば昨年8月に、浴衣を仕立てたいという知人に呉服屋さん情報など流しましたが結局気に入ったものが見つからず、ということがありました。もう旬をとっくに過ぎていたのですね。

でも、初心者の私としては「暑くなってきた」と体感しなくては新しい浴衣が欲しいと思えないかも。それでは浴衣購入の旬は過ぎているのか・・・・。

皆さん、浴衣を買いたい思うのは何月ですか?

調べていると投票フォームという便利な代物を発見。
さっそく設置してみましたので、今から浴衣?という場違いな感じですが、どうぞ投票してみてください。何卒よろしくお願いいたします。
posted by たん at 13:55| Comment(2) | TrackBack(1) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

古下駄から推理

本日は、畳表の草履を買った露店の草履屋さんとの約束の日。
風呂敷に古い履物を包んで、いざ商店街へ。しかし、おばちゃんはお店を出していませんでした。この2日間の神戸はものすごく寒いので、寄る年波は寒さに勝てずでしょうか。風邪などひいていなければ良いのですが。

karasu_geta.jpg修理して履きたいと考えているのはこの品。
調べてみると、「からす表」という葦で編んだものだそうです。裏は漆塗りの下駄になっています。

昨晩、古靴箱から取り出して拭いているときに気になったことがあります。
どうも下駄の歯の減り方が、今私が履いている下駄と違う気がするのです。

私が今履いている下駄は、早く歯が減ってしまいます。歩き方が悪いのかもしれませんが、それにしてもこの画像の下駄はゆっくり磨耗しているような感じがするのです。

風呂敷に包んだ下駄を抱いて商店街を歩いているうちに思い当たりました!!

道路事情が違うのではないか???

昔と今ではアスファルト舗装の面積が格段に多くなっているから、下駄が減りやすいんだ!
アスファルトは目が粗く、強力なヤスリのようなものですよね。

帰宅して、この下駄が入っていた箱の中身を観察すると、細かい砂状の物体を発見。下駄の裏にも土がいまだに付着しています。この下駄は祖母のお嫁入り道具付近で出土したので、多分昭和初期のもの。その頃は世の中の道路はアスファルトではない、土の道だったのでしょうね。

現代の都市では舗装されていない道を見つけるほうが難しい。

草履屋さんのおばちゃんがいなかったお陰で新たな発見あり。毎木曜日に出店するとのことでしたので、来週又チャレンジするつもり。

この下駄、鼻緒をすげ替えて夏の着物に合わせて履くことが出来たら素敵と思うのです。
来週ダメだったら、あきらめて他の修繕先を探します。


posted by たん at 18:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

ひとがらのいい色

昔から本を読むことが好きです。
ですが好み中心は外国作家の翻訳小説だったので、
日本文学はあまり馴染みがありませんでした。

着物というキーワードを持ってから、
日本文学に俄然興味がでてきました。

着物に関する記述がありそうなものは必ずチェック。

古本屋さんで見つけた本に、
幸田文さんが書かれた「日本の着物」というエッセイを発見。

私の心にヒットした部分を簡単に記録します。

女は着物から、さまざま学びあげていくと思う。

実はふだん着は着るひとの境遇によるものであって、木綿の銘仙のと、決まっているのではない。

黒縮緬の羽織は、私は和服の傑作の一つだと思う。(中略)黒は世界中に通じる、粋で高等で、ひとがらのいい色だし、デザインというかカットというかも、羽織はおもしろい。

もっとも、着こなしによるものである、それ自体が粋で上品で人柄のいいものほど、扱い方がへただと野暮くさくなるものだからである。


「ひとがらのいい色」
色を説明したこのひとつの言葉に
「上等な縮緬をそっと撫でているような」触感を感じます。
ただただ静かに、感心します。

着物に興味をもってから、
言葉との出会いも豊かになっています。
posted by たん at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

折目正しい。

着物を畳んでいて、
「折目正しい」とは、衣服からできた言葉なんだろうなぁ、
とつくづく思います。

「折目」を広辞苑で調べると、
1:折り畳んだ節目。折りぎわ。
2:機会。ちょうどよい折。
3:物事のきまり。けじめ。
4:鷹の翼の風切羽の内側の羽の称。

折目を正しくしておけば、シワにもならず、
つねに清潔に着物は保管できますよね。

物事のきまりをしっかり守っているというのが、
衣服の形からわかります。
形から礼儀正しさがわかるのか・・・。

着物を畳むたびに、なんだか感心するのです。
着物という物体に諭されている感じがします。

折目が正しすぎても堅苦しい感じがしますけどね。

現代の柔軟な折目を発見。
「グラフィック折り紙」ですって。
頭を軟らかく使って楽しむものみたいですよ。

★cochae・折り紙グラフィックユニット
http://cochae.com/index.html
posted by たん at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

着物の音

今日は着物を着なかったので、
コンピュータの前にすわって
着物について考えることにします。

どうして着物を着るとシャンとするのだろう?

そんなフレーズが浮かんできました。
感覚を思い返していくと、音が浮かんできます。

伊達締め、帯、、仮紐、帯揚げ、帯締め。
着付けの段階で様々な紐を締めていきます。

シュルシュル、
布と布が擦りあわされ時の音。

シュッ、キュッ、
両方から引っ張られた結び目が止まる時の音。

シュルルルル、
と、仮紐が引き抜かれるときの音。

どれも控えめですが存在感のある音がします。

音が鳴るたびに、
心地好い緊張が身体の中心に集まり、
自分自身がひとつに撚り合わされていく。

そんなことを考えました。
身に沿わせて纏うプロセスでシャンとするように、
音が導いてくれているのかもしれませんね。

まだまだ着付けは余裕がありませんので、
この音を楽しめるようになりたいものです。
posted by たん at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

ウールの着物、その触感

お着物日記開始以来、
可能な限りのお着物生活はやはり外出がメイン。

この冬は家の中でも着物で過ごしてみようと画策中。
ウールの着物は家事に最適とのことなので、
引き出しを捜して整備しています。

60代の母の娘時代に爆発的に流行ったというウールの着物。
流行った理由はなんといってもメンテナンスが簡単だということ。
洗い張りの必要もなく洗えて、そして暖かい。

それならば実践と、
ウールを着付けて家事にいそしむこの2日間。

確かに汚れを気にせずに動けるので、気は楽。
しかし、浮上してくる感覚は、

「何だか面白くない・・・。」

麻や絹の着物は着付ける時点で、
身体がワクワクしてくるんです。
麻のハリハリした触感、絹の衣擦れのサラサラした音。
主に触覚に心地好い刺激があり、気持ちがシャキッとします。

しかし、ウールにはその感覚が湧き上がってこないのでした。

同じ構造なのに素材が違うとこんなに感覚が違うのかと、
自分で驚くほどです。

ウールを着付けるたびに、
これならめんどくさいからセーターでも良いじゃん。
などと、考えてしまいす。

我家のウールの着物は私の好みに合うものが少なく、
柄行が理由かとも考えるのですが、
どうも違うような気がします。

絹の袷の着物を着て、同じように活動して、
感覚の違いをもっとはっきりさせたいと
思う今日この頃です。


posted by たん at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

日本の伝統色

日本の伝統的な色には名前がついているんですね。
知っていました?

伝統色の名前付けルールは、
自然の中にある色や、日常生活で良く目にする色に
その色がある状態の名前をつける。

大まかにいえばそんなところでしょうか。

日本の伝統色の中の、面白い名前をピックアップしました。
次にあげる名前はどんな色かわかりますか?
まずは、どんな系統の色か予測してみてください。

Q1 石竹色/いしたけいろ
Q2 雀茶/すずめちゃ
Q3 朽葉色/くちばいろ
Q4 生壁色/なまかべいろ
Q5 海松色/みるいろ
Q6 青鈍/あおにび
Q7 瓶覗/かめのぞき


予測の方法は連想ゲーム。
例えば「Q7 瓶覗」という色は、
瓶を覗き込んだら良く見る色だったのだろう。
昔から瓶によく入れるものは何?
その色は青系?赤系?緑系?

といった具合に。
予測できましたか?

風土と生活様式の中で、培われた共通認識だったのでしょうが、
生活様式が激変した現在、なかなか想像の糸口がつかめません。

想像できない分、好奇心は沸きますね。
なぜこの色はこの名前になったのだろうかって。

答えは、こちらへ
http://www2s.biglobe.ne.jp/~sakamaki/dentouiro.html
(日本染織工芸愛好会さんサイト)

ご自分の予測は当たりましたか?
posted by たん at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

下駄の音

先日、大丸で桐下駄を手に入れました。
最近はミュールの底のような形が多く、歯が二本の下駄になかなか出会えなかったので、飛びついてしまいました。

会津の職人さんが実演販売をしていて好きな鼻緒をすげてくれるというので、太目の鼻緒のほうが足が痛くないというアドバイスを受け、男物の鼻緒を選んで目の前ですげてもらいました。

kirigeta.jpg

なかなか男前にできあがって気に入っています。

嬉しくて嬉しくて早速履いて外出。
桐下駄はカジュアルな履物だというので、
紺の絣にベージュの縞の半幅帯、白足袋を履いて。

面白かったのはなんといっても下駄の音。

1:カラン、コロン
2:ジャジャッ、ジャジャッ
3:カカン、カカン
4:ボス、ボス、ボス

クイズです。さてどんなところを歩いているでしょう?

続きを読む
posted by たん at 23:04| Comment(2) | TrackBack(1) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

スローモーション

「よし、着物で活動しよう!」そう決めたのは4月。

初めての単独行動は、大阪は心斎橋まで打合せです。
白地に墨色の桜が描かれた、母が若い頃につくった着物をきて。

とにかく足元が心配で、心配で。
草履で長く歩けるんだろうか・・・。

急いで歩くと前のめりになるので、鼻緒が当たって痛い。
ゆっくりと踵の真ん中に重心を置くようにすると、痛くない。

細かく自分の調子をチェックしながら、歩き始めました。
しばらくして足元の不安が薄れてくると、周りの風景がすこしづつ見え始めます。

まるでスローモーションのように、風景がゆっくり流れていきます。

日本の春は、空も木々も少し霞かかった淡い色彩できれいだなぁ。
歩きなれた道なのに、特別にどこに行くわけでもないのに、とても新鮮でした。

「ゆっくりする」ってどこか日常とは違う場所に行かなくてはできないと思っていた。
着るものを変えるだけで、それができたことが面白かったです。







posted by たん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 感覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。