2006年08月02日

補正、いろいろ。

先日通販カタログを姉に借りて眺めていたら、着物専用の通販カタログがあるとのこと。早速取り寄せてみました。表紙は市田ひろみさん。中を見ると、仕立て上がり数万円という夏の着物が沢山掲載されていました。

そんな中注目したのが、下着と補正具。いろいろとあるものですねぇ。
ネットなどで調べたり、お店で覗いたりしていますが、カタログになっていると非常に見やすい、比較しやすい。

ネットでもサイトがありました。

●ニッセン 和装小物サイト
http://www.nissen.co.jp/s_category/shoes-bag/goods/wasoukomono/


あえてカタログを取り寄せるのもおススメです。
どうぞお試しあれ。
posted by たん at 20:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 着物・履物 ・和装小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

身体に合わせる衣服

ご無沙汰しています。梅雨バテ、夏ダレしていました。日常生活は送れるものの体力が足りず、着物に袖を通すことが出来ない日々を過ごしていましたが、今日から八月。気持ちを新たにまたブログも再開します。

洋服は身体を服に合わせるといいますよね。和服は身体に合わせる、身体に添うといいます。身体に合った着物を着たときの心地好さは細胞が喜ぶという感じですが、身体に力がなければ着物は着ることが出来ないんだと痛感した日々でした。

midori_hitotsumon.jpg
でも着てみるとやはり気持ちが良い。ものすごく汗は出ますが、胴回りがビシッと決まって気持ちにハリがでます。

年とともに体力は減ってきているなぁと思います。着物が私の体力バロメーターになっています。通常体力に+αしないと着物を着ることが出来ないということはまだまだ身に付いていていないということですよねぇ。このところ嬉しいことがあるので、+αはそちらに消費されていたようです。

これから夏本番、どうぞ皆さまも夏バテしないようにお気をつけて。

posted by たん at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

プロの着付け(2)

まだ神戸には帰っていません。最近のホテルは便利ですね。デジタル・アメニティといって、コンピュータ付の部屋に本日は宿泊です。携帯メールに難儀したので、キーボード入力が快適です。

さて、プロに着付けをしてもらいました。親戚の結婚式も非常に楽しみにしていたのですが、式場の美容室の着付けは定評があると教えてもらっていたのでこちらも楽しみにしていたのです。

先日までの着付教室で一応、伊達襟付き訪問着と袋帯の二重太鼓結びまでの技術は何とか取得しているのですが、ここは敢えてプロの技を拝見したいとの意図で着付をお願いしました。

面白かったことが沢山あるので、シリーズでの記録となります。
まずはこちら。

【プロの着付 準備篇】
●到着確認電話あり。
着付をしてもらう2日前に着物一式を荷物にして、宅急便で美容室に送りました。すると、到着日に受け取りと確認の電話が掛かってきました。この対応の良さに、またまた期待が高まります。

●紐付け、伊達襟付け
さて当日の予約時間に美容室を訪ねると、私の送った着物一式が乱れ箱に入って用意されていました。見ると、襦袢には細いガーゼの紐が縫いつけられています。そして訪問着の襟と伊達襟はしっかりと糸で仮止めされていました。

もうこの時点で「やられた」という感じです。次回は着付篇を記録したいのですが、現在の環境だと画像処理ができません。今回はここまでとします。

自分で着こなす楽しみももちろんありますが、上手な他人に着付けてもらうとまた格別です。あー自分で何もかもせずにプロに安心して任せられるのって素敵。
posted by たん at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

プロの着付け

no-title本日は親戚の結婚式で東京に来ています。

何ども記事を書いていますが、携帯からなので上手くいきません。詳細は後日。





posted by たん at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

浴衣の最期

yukata_saigo.jpg夏祭りがやって来ました。今年も我家のチビたちとそのお友達と一緒に、初日の縁日へGO。大中小そろい踏みでお出かけです。

神社に参詣し、縁日でくじ引きしたり、かき氷食べたり、綿菓子買ったり、三時間ほど過ごして帰ってきました。

本日の浴衣は祖母の古いもので、昨年は袖を通さなかったので今年は何十年振りかのお目見え。姉のお友達に浴衣姿を褒めてもらって、嬉しい気分で帰宅し、脱いで見てビックリ。





yukata_saigo2.jpg
後ろの裾が縦に裂けていました。半世紀以上は着たこの浴衣も今日が最期の日だったようです。ずーっと箪笥の肥やしにされて来て、やっと出してもらえたと思ったら、もう寿命は尽きていたのですね。

夏祭りで最期の花を咲かせることが出来てよかった。

浴衣さん、長い間お世話になりました。そのまま捨てずに、大丈夫な部分を取り出して必ず何かに再利用しますからね。

今日は夏祭りの初日、そして一枚の浴衣の最期の日でした。
posted by たん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。